関心が高まっている

知財とは、知的財産権の略称。
知的財産権と聞いて、法令上の難しい制度で素人にはちんぷんかんぷんに感じるかもしれませんが、系統だてて学んでいけば意外と理解者しやすいもの。
学習のポイントとしては、「どうしてこの制度が必要であるか」を意識することが知財について理解を深める近道になるでしょう。

さて、知財のなかでも代表的なものが特許や著作権。
この2者は特に有名ですが、知的財産の範囲はそれよりもっと幅広いものです。
簡単に説明するなら、知的財産権とは、特定の者が独占するだけの価値のある情報ということになります。
したがって知財=情報財と言い換えることもできるでしょう。
また、「無形財産」、「無体財産」という呼び方もあり、どちらも、「目に見えない形のない財産」であることをイメージできるかと思います。

近年では、著作権や特許についての関心が一般消費者のなかでも高まり、知的財産権についてのセミナーも各所で開かれています。
人気のセミナーはすぐに予約で一杯になることもしばしば。
セミナー参加者は知的財産権についての理解を深め、今後に役立てられるとして満足度も高いようです。
もし興味がおありなら、ぜひいちどこれらのセミナーを受講されてみてはいかがでしょうか。

OUT LINK

イベントを成功へと導くウェビナーならこちらにおまかせください。|アルカディン・ジャパン
講演の依頼をしたい、講演の講師を派遣してほしいならこちらへ|Speakers.jp

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし